2017年04月03日

少しブレーキを

入学式を終え、youの大学生活が始まりました。

内部進学ですから、まずは距離的に近いですし、知り合いも多く、他の大学に行くことに比べるとかなりストレスは軽減されています。

ストレス耐性が極端に弱いyouにはこの選択で良かったように思います。

定型の子であれば、多少スパルタでも厳しい環境に身を置いて、適応能力を高め、視野を広げることを目指したいところですが・・・

そういう無理がきかない子っています。

しかも本人がその「無理」に気付かない場合もあります。

youは体の様々な症状に「過敏」ですが、のび太はどちらかというと「過鈍(こんな言葉ないですかね)」

「過敏」タイプはとにかく「不定愁訴」が多く、周囲をうんざりさせます。

あそこがいたい、ここが辛い、病気じゃないか、熱があるかも・・・などなど。

健康な定型の人なら「も〜ええっちゅうねん!」って爆発したくなると思います。

ただ、実は本当に調子が悪いことも多いのです。

おそらくは生まれつき腸内環境が悪く、有害物質を取り込みすぎて、体の解毒の能力が枯渇して、あちこちにガタがきています。

腸が悪いと、脳内伝達物質のバランスが悪く、

・やる気が出ない
・苦手なことに手が出せない
・ぐっすり眠れない
・疲れやすい
・優先順位を間違える
・過集中
・感情のバランスがとれない(キレる、すぐふさぎこむ、妙なハイテンションなど)
・他人とのコミュニケーションがとりにくい

などの症状が出てきます。
認知症でも同じです。

こういう精神状態ですと、当然周囲ともうまくいきませんし、何より本人もストレスフルです。

それでまた腸の調子が悪くなる。

無限の悪循環になります。

どこでこの悪循環を断ち切るか、というと、やはり

「腸内環境をよくする」

が一番手っ取り早いです。

手っ取り早いといっても、年齢が高ければ高いほど腸内環境をよくするには時間がかかります。
(認知症患者だと半年以上)

でも、腸の調子が良くなると、明らかに上記の症状は改善されていきます。

認知症の人たちでも、家でこもりきりだった方が、クルーズ旅行に行けた、デイサービスにスムーズに行ってくれるようになった、などの報告が相次いでいます。

のび太もyouも腸内環境が整うに従い、少しずつですが「困り感」が少なくなってきました。

二人ともトイレにこもることはほぼありませんし、コミュニケーションの問題も以前の50パーセント以下になったと思います。もちろん、本人の努力や精神的成長もあるでしょうけれど。

ただ、この時期、張り切っていろいろなことに手を出しすぎると、必ずどこかで息切れが起こります。

私がそういうタイプだったのでよくわかります。

特に「過鈍」タイプはエネルギーゼロになるまで、倒れるまで、やっちゃうんです。

そうなってしまうと、周囲と一切関係を切りたくなったり、実際に全く身動きできなくなってしまいます。

こういうお子さんをお持ちの保護者の方は、できればあまりにも突っ走っていると思われたら、少しブレーキをかけるようにされるほうがいいかもしれません。

本人も「良くなりたい」気持ちでいっぱいの春です。

水を差すような言い方はよくないですが、勉強も部活もアルバイトも免許も、とお子さんがあまりにも活動を広げすぎているなと思われたら「大学の夏休みはたっぷりあるから、そっちにまわしたら?」くらいの感じで声をかけられるのもいいかもしれません。

特に「アルバイト」と「免許」は後回しにしても大丈夫です。部活はやはり「入部に適した時期」がありますし、それを逸すると目立ってしまって入りにくいですものね。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ


posted by みずき at 09:34| Comment(0) | youの大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

伸びている部分と変わらない部分

のび太はようやく2回生後期の試験が終わり、youは内部進学で大学を決めたので、一般の高3のお子さんたちが頑張っている今、のんびりすぎる日々を過ごしています。

のび太が進んだ大学は理系ですが、高校では生物は重視されていたとはいえ「理系」とは程遠いレベルの授業内容でした。

化学も物理もきちんと学んできたのが前提の授業のようで、のび太は周囲の学生との能力の差にかなり苦戦しつつも、よく頑張っているなとただただ尊敬しています。

たまに私のパソコンプリンターでプリントアウトする実験レポートは、もう私には全くついていけない内容です。

小中学生のころ、文章が全く書けなかったのび太が、ほぼ完ぺきな文章でレポートを書いています。

私は今、いくつかの大学院生の卒業論文の文章チェックをしたりもしていますが、その私から見ても、指摘する箇所がほとんどないくらいの文章を書いています。

遠足や読んだ本の「感想文」というのは、漠然としていて、のび太には難しいのでしょう。

自分の感情を言葉にするよりも、実験などの必要事項を説明したり、結果を記録し考察するということなら、高校でかなり訓練されたことが生かされて、上達したようです。

映画やドラマを見ながら、私たちはよく話します。

主人公の気持ち、言葉と裏腹な思い。

そういうのがおそらく苦手だと思われる子なので、登場人物のその時々の感情を小さなころから解説しながら一緒に見てきました。

それに関しては、かなり正確に理解できるようになってはいます。

友人や職場の人とのおつきあい、結婚ができれば、パートナーとの心の交流など。

のび太タイプが苦手だと思われる感情を読み取る能力は、日常のさまざまな場面の中で気を付けてトレーニングしてきています。

相変わらず休みの日に遊びに行くような友人はいません。

でも、実験で一緒のグループの子や、バイトとして手伝っている下級生や研究室の先生たちとは普通に会話できているようです。

大学生活も半分が終わりました。

また大学の始まる4月まで、家で過ごす日々になりそうです。毎日の昼食作りからは解放されそうにありません。

短期のバイトや車の免許の話も出してみようかと思いますが、あくまでちらっと。

食いついてくるようなら、という感じで(笑)

欲張らず、期待しすぎず。成功体験にしないと、その後がきついです。ダメージの回復にものすごい時間がかかりますから。

youのことは次の機会に・・・。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ




posted by みずき at 22:10| Comment(0) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

力が抜けない

トシのせいだとは思うのですが、あまりにも急激に老眼が進んできたり、まぶたが重かったり、あごのあたりに常に力が入っていました。

そこで、父の病院の近く(車で高速を使って1時間ちょっと)のあるお店で初めてのエステ(小顔矯正)をしてもらっています。

「小顔矯正」って、なんだか人に言うのも恥ずかしいと思ってしまうのですが、そのお店のブログを読むと、顔のラインが変わったり(むくみやエラが張るなど)ほうれい線やたるみは顔の血流やリンパの流れの問題から生じる、というようなことが書かれていて、ピン!ときたのでした。

体の血液にしてもリンパにしても、流れが滞ることは、必ず何か問題につながってきます。

老眼も、すべてが流れのせいではないかもしれませんが、様々な顔の不調(苦笑)は無関係ではないと思ったのです。

長くなるので端折りますが、

わかったことは、私はやはり体中の流れが滞っていること。足のむくみもひどかった。

施術後・・・目を開けるのがびっくりするほど楽になった!

顔のラインが変わった!(当日より次の日の方がスッキリしていた)

老眼鏡をかけなくても、チラシチェックができるようになった!

あごのたるみがなくなった。

先日は全身トリートメントしてもらったのですが、

ふくらはぎが細くなった!

足が軽くなった。(これまで重かったとは思っていなかったのですが)

当日とその後2,3日、尿の量がすごかったです。デトックス効果でしょうか?

頭蓋矯正もお願いしたのですが、やはりかなりのゆがみがあったようです。

長年の「癖」があり、しばらくするとまた戻っていくのですが、繰り返し受けるとだんだん「もち」が良くなり、間隔があけられるようになりました。

目と脳は非常につながりが深いです。

母も認知症になる前、次々と目のトラブルに見舞われました。(白内障、二度の網膜剥離)

私は昔から、気づくと体のあちこちに力が入っていました。

足の指、手の指(多くは親指です)、歯を食いしばり、あごに力が入っていたり。

無駄な力は血流を滞らせてしまいます。

血流低下は脳の働きに問題をもたらします。

エステに行かなくても、何分かに一度は体中の力を抜いてみる、とか、意識するだけでもいいかと思います。

小顔矯正も頭蓋矯正も、どちらもほとんど力が入っていないようなタッチで、私はいつも爆睡してしまいます。

自分でできるようにやり方を覚えようと思うのに。

母も父も、見ていると本当に体中に力が入っていました。

そして、「力を抜いて」と言っても、もう自分ではうまく「抜く」ことができなくなっていました。

父は今も親指も曲がって、変形してしまっています。リハビリ後は少しましになりますが。

「力が抜けない」という状況は、思っている以上に脳へのダメージが大きいと思います。

あと、「呼吸が浅い」とも言われました。鎖骨周辺の筋肉もガチガチだったようです。もちろん、肩甲骨も。

この辺りも、意識するのとしないとで随分違うそうです。

意識すればゆるめられる、という状態なら、これからでも気を付けていくだけで変わっていくような気がします。

酸素も足りないと脳へのダメージにつながります。鼻から肺を下に大きく押し下げるようなイメージでゆっくり大きく吸い込むのを、1時間おきにでも意識するのがいいそうです。

ADD傾向のある人は、認知症などのリスクが高いと自分では思っています。

息子たちの負担にならないよう、予防に努めていきたいと思います。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ



posted by みずき at 12:43| Comment(0) | 大人のADDあるある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする