2017年06月22日

それぞれの日々〜のび太の場合〜

のび太、大学3回生。

毎日大学に通っています。自動車教習所ものんびりですがなんとか進んでいるようです。
やはり先生も含めて周囲に自分と少し似たタイプの人が多いので、自分の特性をあまり「特別」「変わったもの」とは思わない環境で、気が楽みたいです。

3回生ですので、もうその後の進路も考えなくてはなりません。

一般企業での営業など、あまりイメージがわかないのび太です。

できれば収入が少なくても、本人の特性に合った仕事につければと思い、親としては大学院も視野に入れているのですが、のび太は就職を考えています。

なぜかと聞いてみると「自分はいろいろなことを並行してやることが記憶も弱くて難しい。実験や研究ではそういうことがとても重要なので、自分に向いているとは思えない」と。就職ももっとそういう側面あるけどね・・・。

夏からはインターンシップのような職場体験なども始まります。

その中で自分に合った道を探していけたらと思っています。

私もそうでしたが、大学あたりまではそれほどでなくても、仕事を始めて多くのことを同時に要求されたり、予想外のことがいきなり入ってきたり、自分の努力だけではどうにもならないことが出てきたときに、その特性からくる問題が噴出してきます。

今は穏やかな日々でも、いつまでも続くとは限りません。

社会に出るまでに目指しているのは

〇 自己肯定感を確立させる、ただただ、それだけです。

「自分はやればできる」という経験を積むこと。できれば一つでも数多く。

一度にいろんなことはうまくできないのび太です。

1,2回生ではまずは大学に慣れること。通学、諸手続き、授業、食堂利用、先生や友人との付き合い方を学びました。

3回生になった時、やっとそれらが自分なりにうまくできる自信がついたようで、自動車免許取得をしたいと言ってきました。(私からは一切言いません)

結局、大学でものび太はクラブやサークルには参加しませんでした。

実験などが7時過ぎまであり、家まで2時間ほどかかりますから、無理する必要はないと思っています。

大学で後輩の実験手伝いのバイトのみしています。

1回生から頻繁にある実験で、同じチームの人たちと役割分担したり、発表の練習をしたりの繰り返しで、コミュニケーション面はかなり鍛えられたようです。

解毒がうまくいかず、疲れやすい子たちです。

家ではとにかく休ませています。

たまには友人と遊びに出るようになりましたが、町の喧騒が苦手なようで(聴覚過敏?)「楽しかったけど、あの音だけは・・・疲れた」と言っています。

これからは少しずつ社会との接点を持っていくことになります。

今は家が安らげる場所になるように、ただただ、聞き役に回っています。

会話の中身は他愛のないこと。飼っている犬、ウーパールーパー、エビ、カエルの話など。

嬉々として話すのび太との大切な時間。小さい頃、ゆっくり話を聞いてやれなかった、叱ってばっかりだった子育ての楽しい時間を取り戻したいと思います。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ

posted by みずき at 11:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

コツがつかめるまで約2年

のび太も大学3回生。

2回生後期の成績は、1回生、2回生前期に比べますと上がりました。

平均がCに近いBだったのが、今回はAに近いBに。

のび太いわく

「やっと大学の勉強のコツがつかめてきた」

2年ではなく1年半あたりで「こうした方が良さそうだ」と思い、やってみた結果今回の成績につながったということです。

まあ、就職に大学の成績はほぼ関係ありませんが、人気のあるゼミに入るためには一定以上のものが求められるのです。

のび太の場合「人気がある」「就職に有利」が判断基準ではなく「興味があるか」がポイントなのであまり関係ないかも。

何にせよ、新しい環境で成果を上げるのに、相当時間がかかるのは改めて実感しました。

社会に出たとき、そこまで待ってもらえるとは考えづらい・・・。

ただ、慣れるまでの期間はすこ〜しずつ短くはなってきたんですよ。

中学では結局卒業に間に合わず。

高校では高3でいきなり高得点が取れるようになりました。

なら、大学でそれを生かして・・・と思うところですが、そうはいかないのが彼の特性。

確かに大学にはこまめな定期考査はありませんし、プリントなどが丁寧に配られるわけではない。

メモと資料の整理が苦手なのび太には、結局またスタートからやり直しのような感覚だったようです。

こんな風に、ADDっ子は新しい環境に慣れるのに非常に時間がかかります。

のび太はようやく余裕が出てきたのか、友達と「さすがに自動車の免許このあたりでとっとかないと」という話になって教習所に通い始めました。

もちろん、期間が決められていない「のんびりコース」です。

一緒に決めた友達も、のび太が言うには「自分と似ている」とのこと。

似たもの同士、のんびり行きましょう!

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ
posted by みずき at 08:30| Comment(4) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

新年度はストレスが半端じゃない!

新しい学年、新しいクラス、新しい先生。

新しい学校、新しい職場・・・

本人が望んだ、それどころか待ちに待った新年度であったとしても、知らず知らず、環境の変化がストレスになっているものです。

教師を16年ほどしていましたが、毎年ゴールデンウィークには疲れ果てて寝込んでいました。

学校に慣れているはずの教師でも、です。まあ、ADD傾向が強く、ストレス耐性が低いのも今ならわかりますけれど。

当時は「なんで?生徒ならわかるけれど、同じ職場(私学なので)でこれだけ続けている仕事なのに」と我ながら不思議でした。

脳内伝達物質は、ストレス耐性とも大きく関連すると思っています。

いつも書いていますが、認知症になると、ちょっとでもストレスを感じる可能性のある事から全力で逃げようとします。

「認知症の親がデイサービスに行ってくれない」「病院に行ってくれない」というのは介護者にとっての深刻な悩みですが、本人にとっては新しい環境に出かけることは、自分の調子の悪い脳の状態に致命的なダメージを与えるかもしれないと無意識であっても感じているのかもしれません。

だから、環境が大きく変わる(たとえクラス替えがなく、担任も変わらなくとも、学校の中での位置づけが変わります。時間割も、教室も)新学期は、普段の数倍、彼らは疲れ果てています。

親である私たちもやはり新年度で、部署が変わったり、上司や部下が変わったり、仕事の体制が変わったりしていて疲れています。

子どもたちの疲れているという表情や訴えに気付いても「そんな、学年が上がったくらいで、なによ」と口には出さずとも思ってしまいがちです。

「大げさな」って感じですよね。「学校くらいで。仕事じゃないんだから」私がそんな親でした。

でも、これを放置すると、夏休み辺りまでは何とか本人が頑張ったとしても、夏休み明けか秋口にはエネルギー切れを起こすことがあります。

まずは、「たとえ本人が自覚していなくても、精神的にも肉体的にも大人が思っている数倍は大変な時期なのだ」と親が知っておくことです。

子どもたちの社会は低学年であっても非常に複雑でシビアです。

この時期にクラスでの勢力図のようなものができてしまい、ここで自分がどのような存在でいるのかが1年間の学校での「過ごしやすさ」を左右します。

周囲が全く見えていなかったり、絶対的なキャラで、それが周囲に好意的に受け入れられていれば別ですが、そうでない場合は連休前辺りまでは本当に大変な時期だと思います。

中学高校ではこの時期によくケンカが起こります。

まずは、今日、お子さんが帰ってこられたら、明るく「おかえり!」といって、ゆるされるなら(笑)肩でも揉んであげるのはいかがでしょう。(スキンシップはストレス解消になります。お互いの)

「新学期の頃って、お母さんむっちゃ疲れてたの思い出したわ〜。〇〇はどう?」なんていうのもいいかもしれませんね。

弱みや辛さは言葉にして吐き出してしまう。

ためこむのはよくないです。便秘もですけどね。

のび太もyouも、ちょっとまた頑張りすぎてるかな。

二人とも彼らの持っているストレス耐性や処理能力の「ほんの少しだけ上」が理想なのですが、張り切って活動しすぎています。

もう大学3回生と1回生の二人ですが、発達年齢的には中高生ですから、まだまだ目が離せません。

ちょこちょこポカをやらかしてるのも(買った教科書を忘れてきたり、眼鏡をなくしたり)その表れかもしれませんね。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ


posted by みずき at 12:52| Comment(0) | 支援方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする