2018年04月22日

のび太の一人暮らし〜「シリウス」に涙〜

今日は、のび太が一人暮らしをするアパートの契約に夫とのび太と3人で行ってきました。

4回生になれば、私が以前勤めていた大学の場合「単位をほとんど3回生までにとってしまうため、授業がほとんどなくなり、下宿を引き払う」という学生が多かったのですが、理系の大学の場合は少し事情が異なるようです。

のび太のゼミは生き物を対象にしていることもあり、餌やりや観察など、毎日決まった期間に行う必要があり、一回目の餌やりの時間はかなり早く、研究のために帰宅も終電などになります。

もともと「小旅行」と言ってもいいような距離を毎日通学していたのですが、3回生の後半、ゼミが始まった頃から、友人の家に泊めてもらうことが多くなってきました。

私も「下宿した方がいいんじゃない?」と何度か言いましたが、3回生末まで何とかやっていましたし、就活も自宅の近くの説明会が多かったため、このままいくのかと思っていました。

しかし、4月の本格的な研究のスタート前のお花見宴会で、自分以外が全員下宿生だとわかり、今も友人に頼んで餌やりをしてもらっている日があり、これ以上迷惑もかけられないと思ったようです。

私が今している仕事が大家業ですので(築古ボロ物件をリフォームして貸す)物件探しは慣れています。

今日は業者さんのところに相談に行きましたが、結果的にあらかじめ見つけてあった物件がベストだろうとのことで、即契約になりました。

遠方なので、その足で、電化製品を購入。引っ越し日に配達をお願いして、周囲の環境を3人で確認してきました。

一番気になるのは食生活です。

のび太のようなタイプは、解毒が苦手な(膵臓・肝臓などが弱い)ため、添加物が多いとすぐに脳内伝達物質がアンバランスになってしまいます。

日々の生活スタイルから考えても(早朝から夜9時ごろまで研究)自炊はほぼ無理でしょう。

近所に添加物の少ない食事がとれる、もしくは購入できる場所があるか。

なんとか、大丈夫なようで、ほっとしました。

ほっとした帰り道、ラジオから流れてきたオカダユータさんの「シリウス」という曲を聴いていたら、いつの間にか涙が流れていました。
https://www.youtube.com/watch?v=I80XihDvgqI

のび太の子育て。

正直、悩むことの方が多かった。

周囲の楽しそうな「普通の」子育てをしている人を見て

「罰ゲームか」

と思ったことも数え切れないほどありました。

でも、検査をして、のび太がどれだけ頑張ってきたかわかりました。

のび太のおかげで、自分の生きづらさの原因もわかりました。

その頃から、のび太とは本当にいい関係が結べるようになりました。

のび太の凸凹に合わせて子育てをし、その凸凹を大切にしながら、生活にしんどさを及ぼさないように

生活を、食事などを徹底的に見直しました。

その頃から、のび太との関係は目に見えて良くなってきました。



のび太の独り立ちは、正直あと数年後くらいかと思っていました。

それどころか、独り立ちできなかったらという不安の方が大きかった。

それがこんなに早くやってくるなんて。

嬉しいけれど、やはり寂しい。まだまだ親としてやり足りない気がする。

でも今は、前向きなのび太の独り立ちに、笑顔で拍手します。

5月12日がのび太の旅立ちの日になります。

人気ブログランキングへ
posted by みずき at 17:44| Comment(0) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

成長が見える時 その4 アルバイト、ひと段落つきました

かなり前になりますが、自分が入塾試験で落とされた(しつこくこだわってる私(;^ω^))塾で、特訓日の補助のアルバイトをしていたのび太。

日曜日のみですが、何とか本年度分は終了できたようで、今日、源泉徴収の書類をもらいに行っていました。

月曜から金曜まで、ほとんど小旅行といっていいほどの遠い大学に朝から晩まで通っていますから、普通の子以上に疲れているはずです。私も休みの日はほとんど寝て、ようやく月曜日に通えるくらいでした。

音や光の刺激に弱く、満員電車などの接触も苦手、とにかく、人の数倍疲れるんです。

だから、私としてはアルバイトに関しても無理してすることもないかなと正直思っていました。

今は遠方の大学に休まず通っていること、たまにお休みの日に同じ趣味(爬虫類や両生類好き)の友人と出かけること、大学での「お付き合い」にも最低限ですが出席していることで、今は十分じゃないかな、と。

特にこのアルバイトは、たくさんの子供たちに指示をだすこともあるし、他のバイトの人たちとの共同作業もあるし、答案回収やその確認作業など、不注意の部分が出るとご迷惑をかけることもありました。

休みがつぶれることに対して「面倒くさいなあ〜」と苦笑いしていたことはありましたが、例のごとく「休む」ということは選択肢にないのび太ですから、紹介してくれた甥っ子も喜んでくれたようです。

ゼミも自分の興味ある分野なので、苦ではないし、同じゼミの人たちともマニアックな部分で気が合うみたいです。

レポートや実験なども無事終わったようで、あとは、来週から始まる後期試験を残すのみ。

あと一息、がんばれ、のび太!

人気ブログランキングへ
posted by みずき at 18:48| Comment(0) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

のび太の近況

これほど更新のないブログを読んでいただいてありがとうございます。

のび太はやっと期限内に自動車学校を卒業しました。まだ免許はもらっていません💦

また期限ぎりぎりまでいかないんだろうなあ((+_+))

大学生活は相変わらず律義にすべての講義に出るという、夫や私からすると信じられない生真面目なものです。融通が利かないということもあるのかもしれませんが、ほとんどの授業で出席をとること、実験が多いことなどもあるのでしょう。周囲にもそういう子が多いそうです。

前回の試験を2つ寝坊ですっぽかしてしまったため、今期は3回生後半だというのに割とハードでした。

もう今はいろんなことを完全にのび太に任せています。大学が時間割や単位のチェックをしてくれていますから、もうお任せです。

レポートの内容もたまに見ますが、もうさっぱり私にはわからない記号と数字の羅列。高校でほとんど中学レベルの理数科目しかやってなかったはず。おまけに化学と物理もほとんどやっていないのに、ここまでよく追いついて頑張ったなあと思います。

ゼミで企画されるものにはすべて参加しています。飲み会などにも。

休日も友人と出かけることが月に2、3度あります。

友人宅にも寒いのに時に泊まってきますが、さすがに夏のように週2回、などということはなくなりました。単純に予備の寝具がなく寒いんだと思います。

それなりに大学生活を楽しんでいる感じがあります。

就職に向けてのことも私はノータッチです。のび太なりには周囲の子と話して合同説明会などに参加しています。とはいえ、理系というには微妙な大学ですので、同じ営業的な仕事をするならできるだけ家族的な雰囲気の規模の小さなところがいいのではないかと思っています。

また、私としては今自分がやっている仕事や投資などを学ばせ、複数の収入を得る手段を教えていくつもりです。

一見、いろいろ頑張ってそれなりに大学生活は進めていけているとはいえ、やはり同年代の子と比較すると足りない点、抜け落ちている点、幼い点、当然わかっていることが分かっていない点などまだまだあるのび太です。

短期記憶が弱いのは私もそうですが相変わらずで、おそらくここの対策をきちんとしないと、誤解されて(いいかげんに聞いている、など)職場に居辛くなることにつながるでしょう。

もしもいろいろな事情で職を失ってしまったとしても、次の仕事を見つけるまで何とか最低限の生活ができる程度の収入を確保しておこうと思っています。

もちろん、その収入も得られるようにするまでは相当な努力と手間が必要ですが、そこは頑張ってもらいます。

すでに少しずつ学ばせていますが、4回生になって時間ができたら、本格的にやらせていきたいと思います。

人気ブログランキングへ
posted by みずき at 08:10| Comment(0) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする