2012年09月14日

やっぱり・・・油断禁物

結局、のび太の言を借りれば、夏休みの宿題は提出できたみたいです。
(嘘をつくことはあまりないと思うんですが、完全に記憶や意識から欠落している可能性はアリ)

1学期悪かった社会の「プラスアルファ(強制ではないけど、出しておけばプラス評価するよ、という)課題」は「やってあるけどまだ出していない」(またですよ〜もうやだ〜(悲しい顔)

いくらプラスアルファの分だからって、確かに提出が遅すぎる。

本人も「今さら」と思っているが、植物関係の先生のいる職員室とは別の大きな職員室に自分で持っていく、なんてのび太にはハードル高すぎなのはわかります。

それにしても、今週2回は社会の授業があったはずなのに、タイミングがうまく見つからないのか、すっかり忘れてるのか・・・「できている宿題を出さないのはADDの子に多い」とカウンセラーの先生に言われましたが、普通理解されませんよねたらーっ(汗)

さて、今日は久しぶりに駅からSOSの電話。

「お母さん、すいません。定期忘れてしまいましたたらーっ(汗)

1学期は毎朝家を出ても「いつ電話がかかってくるか」とヒヤヒヤしていましたが、2学期になって油断してたらコレですよ・・・バッド(下向き矢印)

家をまだ出ていなかったyouにいろいろ確認して、戸締りを頼んでスッピンで車に乗って駅に行くと、ひょろっとしたのび太が情けなそうに立っています。

外で見るのび太は、やっぱり同世代の子たちとは明らかに様子が違います。

就職の面接なんかはまず通らないだろうな。

よほどのユニークな、または卓越した技術かなんか身につけないと・・・。

車に乗せて、高校まで送っていきます。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

過保護ですが、朝イチの実習には出ないとレポートが書けませんふらふら

昔なら腹立ちまぎれに暴言を吐きまくっていましたが、もう叱りません。

黙っていると後ろのシートに座っているのび太の方から話し出します。

「あ、定期入れなきゃ、って思った瞬間があったんやけど。次の瞬間別のことを考えて忘れてしまった・・・」

これは私にもよくあること。エラそうに叱る資格はありませんあせあせ(飛び散る汗)

「私たちみたいなヒトは、思いついたらその瞬間を逃さないようにしないとね。お母さんもこのテの失敗はな何百回も(大げさでなく)してきたからわーい(嬉しい顔)

今回の失敗は、一応家で決めた「置き場所」にのび太がきちんと収めていたことから起こったこと。いや、収めていたのはいいことなんだけど、朝そこから出して制服のポケットに入れるのを忘れていたことから起こったこと。

あと一歩だったね。

しばらくはできてたんだもんね。

私も、信用しないわけではないけれど、ADDっ子の親として朝はお化粧してスタンバイしとかなきゃだめだな〜と再認識しました。

これだからシミが増えちゃうのよもうやだ〜(悲しい顔)

まだまだ油断禁物ですね
あせあせ(飛び散る汗)

そうそう、こういう時のために1000円ほど持たせてたんですが、そのお金も生徒手帳に入れてたって・・・がく〜(落胆した顔)意味ないじゃんふらふら

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
ぽちっと押していただけると励みになります
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村










posted by みずき at 10:58| Comment(8) | ギリギリの毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

究極のギリギリを追求する男

のび太の夏休みは明日で終わり。

昨夜改めて聞いてみたら、半分以上の宿題が完成していないあせあせ(飛び散る汗)

ヘタな怪談を聞く以上にゾクゾクし、本当にひどい頭痛に陥った私です。

おまけに1学期散々な成績だった現代社会の宿題は手つけず。

甘かった・・・がく〜(落胆した顔)

そんな状態でも、今日も相変わらず昼過ぎまで寝ているのび太。

朝早くから一人登山に出かけていった夫とは、一昨日寝る前に話し合っていました。

「まあ、結婚しないで一人で生きていくくらいなら、いろいろ失敗しながらも何とかやっていくやろ。さすがに職場変わっても同じミスを繰り返さんやろうし。」

「うまくしっかりした女の人と出会って家庭でも持てたら、責任感も出てくるやろうし」

母親でもこれだけ暮らしていくのに忍耐が要るのび太と、もし結婚してくれる女性がいても、その人の苦労はいかほどかと思うと、今から申し訳ない気持ちになります。

もしそんな話になったら、相手の方にはいろいろ知らせるべきなんだろうな。

やはり、私の夫も口には出さないけれど、苦労していると思います。

私の場合、自分の障害に気づいたのはつい最近だったけれど、一緒に暮らす人には大変な思いをさせているのは間違いない。

それを知ってか知らずか、思春期の息子たちは2人とも「ぼくは結婚はしない」と言い切っています。

まあ、この年齢なりの照れもあるのでしょうが、同性の友だちすらほとんどいない彼らには、女の子と付き合うなんて、ステップとしてあまりにも高いところにありすぎるのでしょう。

宿題に関しては、本人としては「間に合わせるつもりはある」みたいです。

「現代社会は始まって3日ほど余裕があるから。それより理科の方が明後日提出やし、そっちを優先するわ。今日はそっちをやりあげるから。」なんて全く動じることなく涼しい顔ですよたらーっ(汗)

それに、それぞれの宿題の提出日が「最初の授業の日」とあるのだけは見逃さず、あくまでその「最初の授業の日」の前日に仕上げるようにと思っているみたい。

何もそこまで「ギリギリ」に徹さなくても・・・ふらふら

一方、兄ほど度胸(?)のないyouは、火曜日が開始日ですが、一応日曜までには終わらせるつもりみたいです。

でも、自由研究のまとめにはまだ手がついていません。

こっちも兄と負けず劣らずのギリギリ男。

ああ、一人でいいからせめて2,3日前に宿題が終わっているという子どもを育ててみたい・・・。

私の子だから無理か・・・たらーっ(汗)

ちなみに甥は有名私学のトップのクラスのトップを取り続ける子。(でも、性格はとってもいい。)
今年も夏休み開始一週間後に一緒に食事に行ったとき、こんな会話を聞きました。

甥「お母さん、宿題終わったよ」
義妹「ああ、そう、すごいねえ〜」

うちの息子たちもこの会話、聞いてたはずなんですがねもうやだ〜(悲しい顔)


最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
ぽちっと押していただけると励みになります
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村





posted by みずき at 15:57| Comment(10) | ギリギリの毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

やる気はあるんだけど

・・・見通しが立てられない・・・んですよね。


全体的に勉強にはあまり熱心でない公立中学校に通っているのび太。


嘘か誠か、宿題は平日ほとんど出ないし、授業ものんびりムード。


なのに、定期考査の問題がやたらと難しく、問題量が多い!


そして、長期休暇(夏・冬)の宿題がやたら多い!


まあ、自分も夏休み、いっぱい宿題出していたから、人のことは言えないか・・・。


その中で、最も負担の大きい宿題は、理科の自由研究。


万事勉強に関してのんびりムード(教科書は各学年最後までいかずに終わってしまいますたらーっ(汗))なのに、この理科の自由研究は


ほぼ一回分の定期考査並みに評価される

割と力作が多く、あまりにくだらない内容を出すのは憚られる雰囲気


昨年・一昨年と私が軽く提案したものにのび太が適当に乗っかってきて、どちらかというと母主導で(仕方なくですもうやだ〜(悲しい顔))仕上げたけれど、今年は植物関係ということで、自分でも好きだろうし、さすがに3回目だからまとめ方も慣れただろうと、気になりながらも何も言わずに見守っていました目


ハッパをかけるとモチベーション&テンションゼロになるというのび太なので、心中もやもやしつつも「何か困ったことがあったら言ってね」とは言ってありましたが・・・


夏休みが終わったすぐの提出ではなく、3年生は今日の提出だったんですが、エンジンがかかったのは日付が変わった12時すぎあたり・・・。


前夜「間に合わないから」と塾も休んでいたわりには、「動機」「準備物」辺りで10日ほど放置・・・。


植物はいくらか採集し、写真は撮ってはあったので、それを印刷したりしながら付き合うも、2時過ぎで私も限界。


この頃にようやく過集中モードに入ったのび太。


あと2、3日、いや1日前からは無理なのか?


今朝も6時前から珍しく起きていたけれど、眠さにたえられず和室で爆睡。


今日の授業が心配・・・ふらふら


おまけに、やっぱり間に合わずに行っちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)


ええ、「やらないといけない」のは解っているんですけれどね・・・もうやだ〜(悲しい顔)


残って、とにかく一部だけでも提出して帰るように「笑顔で」言って送り出しました手(パー)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
ぽちっと押していただけると励みになります
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



posted by みずき at 13:06| Comment(6) | ギリギリの毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする