2017年01月18日

力が抜けない

トシのせいだとは思うのですが、あまりにも急激に老眼が進んできたり、まぶたが重かったり、あごのあたりに常に力が入っていました。

そこで、父の病院の近く(車で高速を使って1時間ちょっと)のあるお店で初めてのエステ(小顔矯正)をしてもらっています。

「小顔矯正」って、なんだか人に言うのも恥ずかしいと思ってしまうのですが、そのお店のブログを読むと、顔のラインが変わったり(むくみやエラが張るなど)ほうれい線やたるみは顔の血流やリンパの流れの問題から生じる、というようなことが書かれていて、ピン!ときたのでした。

体の血液にしてもリンパにしても、流れが滞ることは、必ず何か問題につながってきます。

老眼も、すべてが流れのせいではないかもしれませんが、様々な顔の不調(苦笑)は無関係ではないと思ったのです。

長くなるので端折りますが、

わかったことは、私はやはり体中の流れが滞っていること。足のむくみもひどかった。

施術後・・・目を開けるのがびっくりするほど楽になった!

顔のラインが変わった!(当日より次の日の方がスッキリしていた)

老眼鏡をかけなくても、チラシチェックができるようになった!

あごのたるみがなくなった。

先日は全身トリートメントしてもらったのですが、

ふくらはぎが細くなった!

足が軽くなった。(これまで重かったとは思っていなかったのですが)

当日とその後2,3日、尿の量がすごかったです。デトックス効果でしょうか?

頭蓋矯正もお願いしたのですが、やはりかなりのゆがみがあったようです。

長年の「癖」があり、しばらくするとまた戻っていくのですが、繰り返し受けるとだんだん「もち」が良くなり、間隔があけられるようになりました。

目と脳は非常につながりが深いです。

母も認知症になる前、次々と目のトラブルに見舞われました。(白内障、二度の網膜剥離)

私は昔から、気づくと体のあちこちに力が入っていました。

足の指、手の指(多くは親指です)、歯を食いしばり、あごに力が入っていたり。

無駄な力は血流を滞らせてしまいます。

血流低下は脳の働きに問題をもたらします。

エステに行かなくても、何分かに一度は体中の力を抜いてみる、とか、意識するだけでもいいかと思います。

小顔矯正も頭蓋矯正も、どちらもほとんど力が入っていないようなタッチで、私はいつも爆睡してしまいます。

自分でできるようにやり方を覚えようと思うのに。

母も父も、見ていると本当に体中に力が入っていました。

そして、「力を抜いて」と言っても、もう自分ではうまく「抜く」ことができなくなっていました。

父は今も親指も曲がって、変形してしまっています。リハビリ後は少しましになりますが。

「力が抜けない」という状況は、思っている以上に脳へのダメージが大きいと思います。

あと、「呼吸が浅い」とも言われました。鎖骨周辺の筋肉もガチガチだったようです。もちろん、肩甲骨も。

この辺りも、意識するのとしないとで随分違うそうです。

意識すればゆるめられる、という状態なら、これからでも気を付けていくだけで変わっていくような気がします。

酸素も足りないと脳へのダメージにつながります。鼻から肺を下に大きく押し下げるようなイメージでゆっくり大きく吸い込むのを、1時間おきにでも意識するのがいいそうです。

ADD傾向のある人は、認知症などのリスクが高いと自分では思っています。

息子たちの負担にならないよう、予防に努めていきたいと思います。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ



posted by みずき at 12:43| Comment(0) | 大人のADDあるある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: