2016年07月12日

最近ののび太

母のことが続きましたが、ここから私と息子たちの凸凹生活に戻っていきますね。

相変わらずシングルタスクの私は、母の具合が悪くなって以降は息子たちのことは完全放置。
そのほうが結果的に良かったのか、特にこれといったこともなく二人は大学・高校生活をこなしています。

のび太は自分の好きな分野の研究に関する国家資格を取るために、苦手な授業(高校で基礎すら学んでいない物理とか)も含めて頑張っています。

もちろん大学のみでその資格は取れず、おそらく院に進むことになりそうです。

ただ、その資格があれば、のび太に向いた仕事につけるようなので、何とか脱落せずに頑張ってほしいと願っています。

レポートなども以前なら直前にやっつけ仕事のようにしていたのが、今はそれなりに計画を立てて進めていっています。まあ、それくらいしないと仕上がらないくらいの内容のようです。

もう私にはさっぱりついていけないようなレベルです。

彼の大学には多いようなのですが、とにかくどこに寄るわけでもなく、授業が終われば家にまっすぐ帰ってきます。それでもだいたい7時、8時くらい。

アルバイトは大学で1回生のお手伝いをする、というものをしているくらいです。

友達はそこそこいるみたい。時々は話題に上ります。派手な学生はほとんどおらず、全体的にのび太に似た感じです。これはオープンキャンパスでも感じていました。

休みの日は一日家で過ごします。「学生らしくない」といえば、まさにそうなんですが、私もきっとこんなのだっただろうな。家で一人で好きなことをして過ごすのが何よりなんです。

中学生だったころののび太と私は本当に険悪でした。

反抗期というよりも、私の無理解が原因だったと思います。

大きなターニングポイントは発達検査を受けたことでした。

そこから進路選択までに迷いは多々ありましたが、検査結果から、普通科ではなく専門性のある学科に進んだことがのび太の場合はよかったと思います。

次回は中学校で不登校を続けていた姪っ子が今楽しく高校生活を送れていることを書きたいと思います。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ




posted by みずき at 12:07| Comment(7) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ADD傾向のある子は、美化するつもりはありませんが不器用なほど真面目で、要領は悪くても人を陥れたりするようなことはしませんし、人の喜びを自分の喜びにできる面もあります。」

穏やかで、素直で、優しくて、楽しくて、がんばり屋で、いつも元気な私の息子を想って涙が止まりませんでした。

中3の息子ものび太くんとそっくりで、テストでは平均点以上の点を取れるのに提出物が一切出せないため、評価が低いのです...
技能教科にいたっては不器用さと幼稚さが出てしまい、本人も気にして提出したことがありません。
思春期に入り喧嘩になることも多く、今まさに進路のことで行き詰まっています。

家族の理解があまりないのも辛いです。
一番苦しんで困っているのは息子なのに...

このままではいけない。今年の夏休みは過ごし方を変えなくてはと思っていたので、みずきさんの経験談はとっても参考になりました。私も悪循環を断ち切る覚悟で頑張ります。

我が家の息子にも、のび太くんの様にコレ!というものが見つかりますように。
Posted by collon at 2016年07月20日 19:41
collon さん

コメントありがとうございます。
息子さん、中学校3年生でいらっしゃるんですね。

今から思うと一番親として追い込まれていたのがこの時期だったと思います。

評価がどうしても「まんべんなくできる」ことを中心になされますので、能力の凸凹が大きいADDの子どもの場合、低く扱われることになり、本人も親も傷つきますし、自己肯定感が低くなりがちです。

親としてもいいたいこともいっぱいあり、それを我慢するのもストレスたまりますよね。

私の体験談が少しでもお役に立てるのでしたらこれほど嬉しいことはありません。

一番大切なのが「自己肯定感」で、本当になかなか難しいのですが、やっぱり「褒める」こと、「認める」こと、「材料を与えた上で本人に決めさせる」ことがそれに続いて大事だったような気がします。

オープンスクールへの参加などで、具体的な動機付けをするのものび太の場合はプラスになりました。

オープンスクールがちょうどよい時期になかったりする場合は、学校に問い合わせると広報担当者が案内してくださることもあります。

近所まで行ってみるだけでもいいかもしれませんね。

帰りにちょっと美味しいものを食べて帰るなどでもよい動機づけにつながることも。

どうかcollon さんと息子さんにとって良い夏になりますよう、お祈りしています。
Posted by みずき at 2016年07月20日 21:15
みずきさんへ

お返事ありがとうございました。
とても勇気づけられましたし、希望が持てそうです。

息子は中2の時に、担任の先生から発達障害の疑いがあると(実際にはソフトに)伝えられました。

それを機に病院で検査を受けたのですが、ワーキングメモリが低いだけでそれ以外はノーマル範囲内だったため、これといった診断もつかず帰されました。

このときの印象が悪すぎて息子が検査を嫌がるようになり、小児心療内科へ行けなかったのが悔やまれます。私だけでも療育を真剣に学ぶべきでした。

診断結果は学校に伝えました。
先生方が割と理解を示してくださっているので相談しやすい環境にはあります。

そして今日は、進路相談のため学校へ行きました。
息子は歴史(マニアック!)と英語が好きなので専門性のある学校選びは難しいのですが、総合高校なら2年生から好きな教科を選べるので向いているかも!と思えました。

他にも、併願する私立高校で向いていそうな学校を検討中です。

偏差値からみれば「底辺高」(人を馬鹿にした意地の悪い言葉で大嫌い)かもしれないし、テストだけで見ればもっと上の高校も目指すことも出来ます。

けれど、息子が自由にのびのびと楽しく通うことが何よりも大切なんだと、みずきさんとのび太くんから学んだ気がします。

家族の理解はなかなか得られませんが、私だけでも彼の味方になって、あきらめずに応援してゆこうと思います。

ありがとうございました。
Posted by collon at 2016年07月21日 19:16
はじめまして、みずきさん。初めてコメントいたします、Blue Skyです。
中学2年生の女の子がいてる母親です。娘が学校から出た課題を期限に間に合わせることができなかったのをきっかけに、何か手助けできることはないかと検索していて、みずきさんのブログにいきつきました。
2011年のブログから最新のブログを読み終わり、私や娘も含めて、人の成長って人それぞれだし、それでいいんだな〜〜ってことを強く感じることができました。
娘は去年の秋ごろから、不登校になり、2年生に進級したのをきっかけに、一旦登校できるようになったものの
連休明けくらいから、徐々に休みがちになっています。
でも、みずきさんも
Posted by Blue Sky at 2016年07月23日 08:52
コメントが、途中なのに送信してしまいました。
すいません。

それで、続きなのですが、みずきさんがコメントの返事にも書かれていた、‘’自己肯定感‘’をもつということは大切なことだと娘のことをきっかけに、私も子育てにおいて意識をして接しています。そのこともあってか、夏休みのクラブ活動は参加する姿がみられたりもあり、好きなクラブを通じて、自分の居場所が学校にあることを、少しでも感じられると、また次に繋がっていくのではないかと思っています。
この8ヶ月の間に、子どもとの親子関係において、今までの接し方や言葉、食べ物、生活習慣等、たくさん考えたり、悩んだりもしましたが、過去の原因ではなく、これからのことを考えて行動したり、接し方を工夫したりしていくことのほうが大事なことだと、みずきさんのこの5年間のブログをみて、あらためて感じることができました。また、私自身も子どものころから、少しまわりの友達との違いをかんじたり、生きづらさを感じることもあったうえに、子どもは好きだったはずなのに、自分の子の子育てが難しく感じたりすることもありましたが、そういうのが私だけではなかったことに安心したと同時に励みになりました。
娘の進路のこともあるので、次回の予定の姪ごさんの高校生活についてのブログも待ち遠しいです。

長いコメントになりました。ブログをやめようと思った時期もあったようですが、続けてくださっていて、ありがとうございます。みずきさんのブログで、ここに1人気持ちが救われた人がいてることを心にとめていただけてたら嬉しいです。
これからも楽しみにしています。
Posted by Blue Sky at 2016年07月23日 09:43
collonさん

息子さん、歴史と英語がお好きなんですね。

私は小さな事業を始めてから、様々な業種の方と接するようになり、働いて生活していく方法って本当にさまざまあるんだと感じています。

その世界で出会う女性(私と似たような年齢の方)と話していると、皆さん私と共通点の多い方だったり、お子さんが似たような雰囲気だったりします。

若い方の中にも、いわゆる「サラリーマン」が合わず、自分の得意なことを見つけて事業を起こしている方も多いです。

「歴史と英語」というところから、例えば今増えている外国人観光客(これは今後も続くと思います。円安やオリンピックがなくても、日本は世界的に見ても非常に魅力的な国ですから)に日本の歴史的な背景を英語で説明しながら寺院を案内できる人材など、非常に求められています。

歴史が得意、英語が得意、どちらかなら多くいらっしゃいますが、その両方となるととたんに貴重になります。

これは一つの例ですが、自分のペースで自分の得意なことで人を喜ばせて、対価をいただく、それが仕事の基本だと思います。

得意なことをぜひぜひ伸ばしてさしあげてくださいね。

ありがとうございました。
Posted by みずき at 2016年07月23日 21:07
Blue Sky さん

コメントありがとうございます。

本当に嬉しくて、励みになります。

何度かブログを消してしまおうかと考えていましたが、消さなくてよかったです。

娘さん、頑張っていらっしゃるのですね。

また、Blue Skyさんも、いろいろと娘さんのことを思って工夫されたり、試行錯誤していらっしゃるのですね。

私は息子がその年代の時期には、本当にひどい接し方をしていましたから、Blue Skyさんの娘さんはお幸せだと思います。

うちの長男は今でこそ何とかついていけているようなのですが、それでも実際、他の同年代の子と比較すると、幼く、できないことも非常に多いです。

また、今後も進学や就職活動などで行き詰まったり、人間関係などでも悩むことも出てくると思います。

食べ物や習慣などで、生きづらさがある程度軽減されることはわかりましたが、私も含めてやはり「特性」は確かにあります。

ただ、それを今はマイナスのみには考えなくなりました。

まずは自分の特性を知ること、そしてそれにはプラスマイナス両面があり、プラス面を生かせる場があるということ、どうすればそれが生かせるかを一緒に考える「味方」が親であることを伝え続けていこうと思っています。

特性は「障害」ということがを使う必要はなく、「脳のタイプ」くらいの感じでいいかと今では思います。

姪っ子の記事も早速アップしますね。

少しでもご参考になればと思います。

ありがとうございました。


Posted by みずき at 2016年07月23日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: