2016年04月14日

批判されるとアドレナリンが・・・「あさイチ」で気づいたこと その2

以前から認知症と発達障害のケアには共通点が多いと感じていましたが、今回特集されていた「ユマニチュード」については機会があれば触れたいと思います。

実際、これを実施することで、一昨日母とのコミュニケーションが大きく改善されました。

かなり即効性があります。

今回は「言葉を選ぶ重要性」を実感したことを書きたいと思います。

これは多くの方が取り上げておられるし、本にもよく書かれていますが、「マイナスイメージ」の言葉は脳にダメージを与えるということに今回改めて気づかされました。

母は認知症の進行に伴い、もともとあった「被害妄想的な傾向」がますます強まってきました。

もともとあった、というのは若いころから脳には問題があったのだと思っています。

認知症を発症する何十年前から、パート先でもよく「のけ者にされている」とか「ねたまれていじめられている」という話を私たちに訴えていましたし、実際、ご近所の方もあちらはおそらく何も意識していないのに、勝手に競争心を燃やして玄関先をきれいにしたり、出かけるときには服装をやたら気にしたり・・・

老人ホームでもそのような訴えが出始めたので、私もまたかと呆れるのと同時に「ここを出ると母の『レビー小体型認知症』を理解してくれる医師が往診してくれるようなホームなんて他にない」という焦りもあり、母の妄想を必死になって否定し続けていました。

時には母の考え方に対する批判すら口にしてしまいました。

「世の中の人って、そんな悪い人ばっかりじゃないよ。

ホームの人たちも本気でお母さんのこと心配して、何かできれば心から喜んでくださってるよ。

物が自分の思ってた場所にないなんて、ちゃんとどけて掃除してくださってるからでしょ。

そんなこと言ってると、お母さんの部屋、掃除もしてもらえなくなるよ。

人を疑ったり、悪い感情を抱くだけで脳から悪い物質が出て、いくらお薬やサプリを飲んでも、そんな効き目なんて一瞬でなくなってしまうんだよ」

それを母が横たわっているベッドわきで立ちながら、高い位置から言ってるんですから、ユマニチュード的にも、脳科学的にも「最悪」です。

まず、こうやって文字にしてみると、私は「この施設はとてもいいところ」「母によくなってほしいから、考え方を改善してほしい」という思いとは裏腹に「マイナスイメージの言葉」をやたらと用いています。

「悪い人ばかりじゃない」には「悪い」という語があり、脳はこちらをイメージ化して反応してしまうんだそうです。

ですから「悪い人ばかりじゃない」⇒「良い人がいっぱいいる」と言い換えるといいんですよね。
「心配して」⇒「大切に考えて」

「物が自分の思ってた場所にないなんて」(相手の言葉を引用し、その後に「なんて」〜をつける)=非難

そんなこと言ってると、お母さんの部屋、掃除もしてもらえなくなるよ

でた〜、これが私の究極のパターンです。これを子育ての場面でどれだけ使ってしまったことか。

「こんなに提出物忘れてると、誰からも信用してもらえなくなるよ」

「そんな表情してると、おもしろくなさそうだなと思ってると勘違いされるよ」

「スタートが遅いと、みんなに追いつけないよ」



母への言葉の中には、他にも「疑う」「悪い感情」「悪い物質」「効き目が一瞬でなくなる」なんて、マイナスイメージの言葉のオンパレード!

我ながら、ひどいものです。

励ましているつもりが、どんどん状態を悪くしている、その原因が自分の言葉だったなんて!

あさイチでは自分を非難したり否定する言葉をぶつけられると、アドレナリンが出て、交感神経が優位の状態になるのだと言っていました。

母は交感神経が常に優位で、不穏や心気症的な痛みの訴えもそこから来ているといわれます。

怖いことには、その言葉を発している本人の脳にも悪い影響を与えるのだそうです。

毎回、自分ではいいことをしているような気になって母のところに行って、母と自分自身の両方の脳に悪影響を与えていたとは・・・。

おまけに家に帰ってからも夫に愚痴ってました。そこでまた夫と私の脳に・・・。

言葉って昔から「言霊(ことだま)」という思想がありましたが、思っている以上に影響があるものですね。

次の記事では早速これを意識して接し方を変えてみたところ、母の状態が大きく変わったことを書きたいと思います。

人気ブログランキングへ






posted by みずき at 11:38| Comment(0) | 脳にイイコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: