2017年04月20日

コツがつかめるまで約2年

のび太も大学3回生。

2回生後期の成績は、1回生、2回生前期に比べますと上がりました。

平均がCに近いBだったのが、今回はAに近いBに。

のび太いわく

「やっと大学の勉強のコツがつかめてきた」

2年ではなく1年半あたりで「こうした方が良さそうだ」と思い、やってみた結果今回の成績につながったということです。

まあ、就職に大学の成績はほぼ関係ありませんが、人気のあるゼミに入るためには一定以上のものが求められるのです。

のび太の場合「人気がある」「就職に有利」が判断基準ではなく「興味があるか」がポイントなのであまり関係ないかも。

何にせよ、新しい環境で成果を上げるのに、相当時間がかかるのは改めて実感しました。

社会に出たとき、そこまで待ってもらえるとは考えづらい・・・。

ただ、慣れるまでの期間はすこ〜しずつ短くはなってきたんですよ。

中学では結局卒業に間に合わず。

高校では高3でいきなり高得点が取れるようになりました。

なら、大学でそれを生かして・・・と思うところですが、そうはいかないのが彼の特性。

確かに大学にはこまめな定期考査はありませんし、プリントなどが丁寧に配られるわけではない。

メモと資料の整理が苦手なのび太には、結局またスタートからやり直しのような感覚だったようです。

こんな風に、ADDっ子は新しい環境に慣れるのに非常に時間がかかります。

のび太はようやく余裕が出てきたのか、友達と「さすがに自動車の免許このあたりでとっとかないと」という話になって教習所に通い始めました。

もちろん、期間が決められていない「のんびりコース」です。

一緒に決めた友達も、のび太が言うには「自分と似ている」とのこと。

似たもの同士、のんびり行きましょう!

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ
posted by みずき at 08:30| Comment(4) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする