2017年04月14日

新年度はストレスが半端じゃない!

新しい学年、新しいクラス、新しい先生。

新しい学校、新しい職場・・・

本人が望んだ、それどころか待ちに待った新年度であったとしても、知らず知らず、環境の変化がストレスになっているものです。

教師を16年ほどしていましたが、毎年ゴールデンウィークには疲れ果てて寝込んでいました。

学校に慣れているはずの教師でも、です。まあ、ADD傾向が強く、ストレス耐性が低いのも今ならわかりますけれど。

当時は「なんで?生徒ならわかるけれど、同じ職場(私学なので)でこれだけ続けている仕事なのに」と我ながら不思議でした。

脳内伝達物質は、ストレス耐性とも大きく関連すると思っています。

いつも書いていますが、認知症になると、ちょっとでもストレスを感じる可能性のある事から全力で逃げようとします。

「認知症の親がデイサービスに行ってくれない」「病院に行ってくれない」というのは介護者にとっての深刻な悩みですが、本人にとっては新しい環境に出かけることは、自分の調子の悪い脳の状態に致命的なダメージを与えるかもしれないと無意識であっても感じているのかもしれません。

だから、環境が大きく変わる(たとえクラス替えがなく、担任も変わらなくとも、学校の中での位置づけが変わります。時間割も、教室も)新学期は、普段の数倍、彼らは疲れ果てています。

親である私たちもやはり新年度で、部署が変わったり、上司や部下が変わったり、仕事の体制が変わったりしていて疲れています。

子どもたちの疲れているという表情や訴えに気付いても「そんな、学年が上がったくらいで、なによ」と口には出さずとも思ってしまいがちです。

「大げさな」って感じですよね。「学校くらいで。仕事じゃないんだから」私がそんな親でした。

でも、これを放置すると、夏休み辺りまでは何とか本人が頑張ったとしても、夏休み明けか秋口にはエネルギー切れを起こすことがあります。

まずは、「たとえ本人が自覚していなくても、精神的にも肉体的にも大人が思っている数倍は大変な時期なのだ」と親が知っておくことです。

子どもたちの社会は低学年であっても非常に複雑でシビアです。

この時期にクラスでの勢力図のようなものができてしまい、ここで自分がどのような存在でいるのかが1年間の学校での「過ごしやすさ」を左右します。

周囲が全く見えていなかったり、絶対的なキャラで、それが周囲に好意的に受け入れられていれば別ですが、そうでない場合は連休前辺りまでは本当に大変な時期だと思います。

中学高校ではこの時期によくケンカが起こります。

まずは、今日、お子さんが帰ってこられたら、明るく「おかえり!」といって、ゆるされるなら(笑)肩でも揉んであげるのはいかがでしょう。(スキンシップはストレス解消になります。お互いの)

「新学期の頃って、お母さんむっちゃ疲れてたの思い出したわ〜。〇〇はどう?」なんていうのもいいかもしれませんね。

弱みや辛さは言葉にして吐き出してしまう。

ためこむのはよくないです。便秘もですけどね。

のび太もyouも、ちょっとまた頑張りすぎてるかな。

二人とも彼らの持っているストレス耐性や処理能力の「ほんの少しだけ上」が理想なのですが、張り切って活動しすぎています。

もう大学3回生と1回生の二人ですが、発達年齢的には中高生ですから、まだまだ目が離せません。

ちょこちょこポカをやらかしてるのも(買った教科書を忘れてきたり、眼鏡をなくしたり)その表れかもしれませんね。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ


posted by みずき at 12:52| Comment(0) | 支援方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする