2017年02月16日

伸びている部分と変わらない部分

のび太はようやく2回生後期の試験が終わり、youは内部進学で大学を決めたので、一般の高3のお子さんたちが頑張っている今、のんびりすぎる日々を過ごしています。

のび太が進んだ大学は理系ですが、高校では生物は重視されていたとはいえ「理系」とは程遠いレベルの授業内容でした。

化学も物理もきちんと学んできたのが前提の授業のようで、のび太は周囲の学生との能力の差にかなり苦戦しつつも、よく頑張っているなとただただ尊敬しています。

たまに私のパソコンプリンターでプリントアウトする実験レポートは、もう私には全くついていけない内容です。

小中学生のころ、文章が全く書けなかったのび太が、ほぼ完ぺきな文章でレポートを書いています。

私は今、いくつかの大学院生の卒業論文の文章チェックをしたりもしていますが、その私から見ても、指摘する箇所がほとんどないくらいの文章を書いています。

遠足や読んだ本の「感想文」というのは、漠然としていて、のび太には難しいのでしょう。

自分の感情を言葉にするよりも、実験などの必要事項を説明したり、結果を記録し考察するということなら、高校でかなり訓練されたことが生かされて、上達したようです。

映画やドラマを見ながら、私たちはよく話します。

主人公の気持ち、言葉と裏腹な思い。

そういうのがおそらく苦手だと思われる子なので、登場人物のその時々の感情を小さなころから解説しながら一緒に見てきました。

それに関しては、かなり正確に理解できるようになってはいます。

友人や職場の人とのおつきあい、結婚ができれば、パートナーとの心の交流など。

のび太タイプが苦手だと思われる感情を読み取る能力は、日常のさまざまな場面の中で気を付けてトレーニングしてきています。

相変わらず休みの日に遊びに行くような友人はいません。

でも、実験で一緒のグループの子や、バイトとして手伝っている下級生や研究室の先生たちとは普通に会話できているようです。

大学生活も半分が終わりました。

また大学の始まる4月まで、家で過ごす日々になりそうです。毎日の昼食作りからは解放されそうにありません。

短期のバイトや車の免許の話も出してみようかと思いますが、あくまでちらっと。

食いついてくるようなら、という感じで(笑)

欲張らず、期待しすぎず。成功体験にしないと、その後がきついです。ダメージの回復にものすごい時間がかかりますから。

youのことは次の機会に・・・。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ




posted by みずき at 22:10| Comment(0) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする