2016年10月31日

youの大学が決まりました のび太の近況と合わせて

結局は系列校への内部進学という形で大学が決まりました。

のび太が指定校推薦でやはり11月には大学が決まっていましたので、何ともお気楽な大学受験です。

のび太の場合、高3で急激に成績を伸ばし、評定値がかなり高かったので、本来なら行けなかったようなレベルの大学(といってももちろん世間的に見て有名大学ということではありません)に通っています。

入学してからついていけるのか心配でしたし、とにかく通学に時間がかかることも不安でしたが、自分の好きな分野であること、もともとのび太の中で「休む」という選択肢がないことから、大学生だというのに毎日選択しているすべての授業に出席しています。

この辺りはどちらかというと「融通が利かない」ことの一つの表れでもあります。

youはのび太ほどの凸凹はないように思っていますが、やはり体の感覚が過敏なこと、こだわりの強さ、強迫観念などから、生きにくさを抱えています。

私の中では今はのび太以上にyouの方が心配であったりします。

正直、youの進む大学は地元の人がかろうじて聞いたことがある、という感じの知名度です。

就職となると、相当の苦戦を強いられるでしょう。

youもそれをわかっており、大学では授業でとれるいくつかの資格の取得も今から考えているようです。

大学受験に関しては、のび太と異なり、やはり高3でも成績は低空飛行で、内部推薦基準にかろうじて引っかかってくれた感じでした。(基準は低く設定してくださっています)

学校には毎日行き、真面目に聞いていても勉強はできないのです。

私もテストの成績についてはほぼ何も言いませんでした。勉強も中学生から通っている個別塾におまかせでした。

テスト前も勉強をしていないわけではありませんが、結局最後まで勉強の仕方はわからなかったようです。

当然ながら、他の大学の推薦基準には届かず、一般入試では入れる大学はないかも・・・という感じでした。

最初は私たち親の手前、内部進学を言い出せなかったのか、夏休みの懇談まで一般入試との希望を出していましたが、三者懇談で厳しい見通しを担任の先生から(優しい言い方でしたが)見せつけられ、内部進学の提案をしていただき、私はもうこれに乗るしかないと判断しました。

ストレスが吐き気や腹痛などの身体症状に直結するyouには、一般入試は難しいと思ったからです。

私は、家庭の経済状況もあり、国公立一本で滑り止めもなしに3月まで厳しい受験生活をしました。

予備校にもいかず、全くの自己流での勉強でしたから、ストレスは大変なものでした。

それから考えると、youにも本来なら一般入試くらいは何度もチャンスがあるのだから頑張ってほしいところですが、能力的にも、精神的にも、やはり厳しい。

先生からの内部進学への提案をされた時の、隣にいたyouのほっとした雰囲気がそれを物語っていました。

もちろん、合格の知らせが来た時には「良かったね!」と思いきりお祝いしましたよ!

その大学も、おそらく内部進学でなければyouには合格は難しかったはずですから。

これから入学までの間に、苦手な英語と、大学の教授から言われた「予習課題」を頑張るとyouなりに張り切っています。

まずは少しずつ経験を増やして自信をつけること。

高校3年間で、お腹の方はかなり丈夫になりました。ちょっとしたことで倒れるのもなくなりました。

時間はかかりますが、一歩一歩、スモールステップでやっていこうと思います。

人気ブログランキングへ

広汎性発達障害 ブログランキングへ



posted by みずき at 00:04| Comment(6) | youのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする