2015年08月31日

ちょっとずつ、ちょっとずつ

youは今週初めから2学期の登校スタートです。
本人なりにはいろいろストレスはあるのでしょうけれど、保育所時代からあった休み明けに向かうときのグズグズはほとんどなくなりました。
「体調が悪い〜」だの、「あ〜もうあと○日で休みが終わる〜」だののグチ程度ですが

中学時代には本人はいやいやながらも誘って連れ出してくれる友人がいましたが、今はその子ともきれてしまって(youが避け続けたのが原因)私と何度か買い物にいったのと、塾に数回行った以外はずっと家にいたyouでした。

さすがに退屈だったようで「夏休みって長すぎるわ。冬休みくらいでいいのに」なんて言ってますわーい(嬉しい顔)

のんびりしたコースに属しているので、しばらくは授業は午前中、午後からは行事準備で、本人はそのほうがいいみたいです。

大学生ののび太は8月初めまで試験でした。結果はまだわかりませんが、研究を一緒にやっている先輩に過去問をメールで送ってもらったり、それなりの努力はしていました。

休み中も自主的に入れてもらっているゼミの先輩や教務の人とメールで連絡を取り合い、何度か実験に出かけていました。

それ以外は友達と遊ぶ、バイトする、などは一切なく、大学近くで捕まえてきたエビやら、メダカやら、ザリガニやら、誕生日プレゼントのウーパールーパー(懐かしい!)も加わったl水槽を作り、日がな一日ずうっとそれを楽しそうに眺めています。

どちらも年齢相応の友人関係やら社会経験の点では非常に遅れていると思います。

でも、私自身も妹もそうですが、ADDの人って、必要を感じたらできるようになります。

もちろん、最初はうまくいきませんが、逆に「必要性を感じないのに無理やりさせられる」ことには嫌悪感を感じ、却ってできるようになるまで時間を要してしまいます。

実際に教務の人や先輩とのメールのやりとりも、文章を自分で作って、「この言い方で合ってる?」とききに来ます。

こういうのってのび太の一番の苦手分野のはずですが、案外書けていたりします。

ほとんど手直ししなくても、敬語などもそこそこ使えています。

欲を言えばきりがないし、世間の大学生、高校生とは全く違う世界を生きている二人ですが、本人たちは幸せそうです。

もう、あまり気にしないことにしたら、私もずいぶん楽になりました。

父や母のところにも何度か一緒に出かけてくれました。

話ができなくなっているじいちゃんの手を握ってくれたり、話しかけたりしてくれます。

犬の面倒もよくみてくれています。

毎日、3食食事作らなきゃいけないけど、冷房の電気代、ハンパないけど、まあいいや。

笑顔が何より、と思うことにしていますわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングへ


posted by みずき at 17:27| Comment(4) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする