2015年04月30日

のび太の大学生活

新学期。
のび太は事前講習のおかげもあったのか、非常にスムーズな大学生活のスタートをきっています。

少人数で、大学なのに教職員の数がものすごく多く、相当細々と面倒を見てくださる、非常にのび太向きの大学です。

授業登録も一旦全員が提出したものをチェックし、間違いを指摘して再提出をさせ、またそれを再チェック、という・・・過保護といえば過保護ですが・・・。

のび太は案の定、「これだと単位オーバー」と指摘され、いくつかやめたそうです。

また、全員先生との面談があり、高校での実験などの話をしたら、その先生にあるプロジェクトに入るよう勧められ、そちらのほうも頑張っています。

私としては、あまり飛ばしすぎず、ボチボチやってほしいんですが・・・。

私自身、たいていスタートで飛ばしすぎて、クタクタになるタチなので。

洋服はまだ私が買ってきていますふらふら

それでも以前は色や柄へのこだわりがあった(無地かワンポイント、色は黒か紺かグレー)のが、今はカラフルなチェック柄と無地のシャツの組み合わせで出かけてくれるようになりました。

親の欲目ですけど、なかなかいい感じです。

混んでいてうるさいし、人が多いからという理由で結局高校在学中一度も「学食」を利用しなかったのび太ですが、今日は友達と食堂で冷麺を食べたとか。

こういう本当に小さなことですが、一歩一歩進んでくれているのが嬉しいです。

どちらかというとyouの方が新学期なかなか新しい環境に慣れることができませんでした。

またまた例のごとく、体調に過敏になり、あそこが痛い、微熱がある、便が全部出ていない、と早速一日欠席してしまいました。去年は皆勤だったんですがねえ。

それでも何とか乳酸菌サプリやらギャバやらフェルラ酸タブレットなどを使って、何とかこの時期乗り切ったようです。

今はゴールデンウィークを心の支えにしているみたいな感じかな?

まあ、新学期ってどんな子にとっても精神的ストレス大きいですよね。

私も教師をしていたころ、連休には4月の疲れがどっと出て、寝込んでいましたから。

10数年やっても、こんな感じでしたから、しんどいのわかります。

のび太に「大学生活どう?」って聞いたら「自由でいい」と言ってました。

高校時代より早く出て遅く帰ったりする日も半分以上あるんですが。

まあ、本人が苦痛でないならいいか。

近況報告でした。

人気ブログランキングへ


posted by みずき at 20:56| Comment(0) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

ギリギリ癖対策 みずきの場合

私のADD的「困った症状」の多くは前頭葉の血流不足と脳ストレスから起こっていると思っています。

次から次へと気になることが出てきて、一つのことに集中できない「脳の多動状態」「優先順位を無視して気になることに手を出してしまうこだわり」は認知症でも言われる「前頭葉症状」とあまりにも似ています。

前頭葉への血流を増やすのにいいのは、有酸素運動と言われますが、運動嫌い、そもそもそんな時間がない場合、

温かいお湯で食器洗いを始める

身体の一部でも温め、手先を動かすことで血流が良くなるのか、急に脳の働きが良くなるのが実感できます。

もう一つはタイマーを使うこと。

何分かおきに鳴るようにするのもいいと思います。その音で過集中から我に戻れることもあります。

また先日テレビでやっていたのですが、プチ黙想。

これもタイマー付きでいいかもしれませんが、少し頭の中を空っぽにすること。頭の中のごちゃごちゃを整理することが出来るようです。テレビなどを消し、できるだけ静かな状態で目を閉じ、鼻からゆっくりお腹に空気を入れる、腹式呼吸をします。これは子どもが勉強に入るとき、終えるときにもしたほうがいいそうです。

これによって知識が整理され、脳に定着するとか。

テレビ番組によると、某進学高校が必ず授業前と授業後に行っているそうです。

前頭葉の血流をあげることができる成分は「フェルラ酸」という米ぬかなどに多く含まれる成分です。

ギャバも浮足立ってしまい、結局何も手に付かない、ソワソワ、イライラがとまらないなどの症状をおさえてくれる成分です。

あ、でも「ギャバ入りチョコ」みたいなのではなく、ギャバ単独のものがいいようです。

私は「ギャバタブレット」というのを利用しています。ラムネみたいな味です。パッケージもまるでお菓子です。(母のグループホームにコッソリお菓子として置いていました。今の所長さんは理解があるのでオープンにしていますが。母がイライラしだしたら食べさせてもらえるようお願いしています。)

「フェルラ酸」は河野先生や他の先生方もご愛飲の「フェルガード」を飲んでいます。同じシリーズの「フェルラ酸タブレット」もあるのですが、やっぱりフェルガードにはガーデンアンゼリカ(西洋トウキ)という脳を活性化させるものも入っており、アミロイドβの生成を抑制し、認知症を予防するという効果もありますので。認知症はだいたい20〜30年かけて脳に異常が起こり、発症するといわれています。遅くともアラフィフ位の方は予防を始めるほうがいいと思います。

特に発達障害の人は、脳血流などにもともと問題があると思われますので、早目からの対策が要ると思います。

youは試験前や新学期の不安なとき、ソワソワするときに自分で合った量を飲んでいます。ギャバタブレットもかなりの量食べています。お薬でないので、量は多くても大丈夫です。

この新学期もかなり不安定な時期がありましたが、これらのサプリで何とか乗り越えられたようで、ほっとしています。

提出物関係はもらったその日に書かないと、必ず締め切りを過ぎるか、存在すら忘れてしまいます。

学校への提出物は息子から受け取ったら、その場で記入して息子に渡します。

息子にもあくる日即出すように言います。

お互い、短期記憶弱いですから。(笑)

皆様も良いアイデアあれば教えてくださいね。

人気ブログランキングへ



posted by みずき at 15:53| Comment(0) | 大人のADDあるある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする