2015年03月23日

1.何でもギリギリになってあわててしまう〜脳の多動と優先順位のつけ間違い〜

さて、挙げていけばきりがない、大人のADD女性のあるある話(みずきの場合ですが)1つ目は「ギリギリ癖」です。

私の場合よくあるのは「仕事や用事で出かけるとき」「ゴミ出し」「イベント出欠の返事」「洋服購入」が多いです。

ADDの人の遅刻の多くは5〜10分程度で、これを毎回のように繰り返す

と言われますが、私の場合、初めてや久々のメンバーと会う、などの場合は極端に早めに着くことがあります。
遅刻を繰り返すのは、慣れた職場などの場合が多いです。

さすがに緊張するような場所に行くときは、この年齢になれば間に合うように早めから準備はできるようになりました。

ただ、方向音痴(空間認知の問題?)が原因で、余裕をもって出たはずなのに、ギリギリに到着ということはあります。

緊張感のない慣れた場所に行く場合は、ADDの特徴である「脳の多動」「優先順位がつけられない」症状が見られます。決して慣れた場を軽んじているつもりはないのです。でも、慣れるとADD特有の脳の状態に陥ってしまうようです。

準備をしていると、その場その場で次々と気になることができ、優先順位的に後回しにすべきことを先にやろうとしたり(ブログチェックなど笑)して、家を出るまでに絶対にやっておかなければならない(洗濯物干しなど)を直前にやってしまったり。

ルーティンワークでも、直前に思い出して大慌て、ということがよくあります。

ゴミ出しにしても、「あ、あそこのもついでに入れておこう」「あそこを片付けたら、またゴミ出るかも」なんてやっているうちにゴミ収集車が行ってしまったり・・・。(最近発達障害ブログランキングの広告にある挿絵があまりに私そのものでちょっとコワイくらい)

ゴミ出しを終えて、ふと庭を見て気になった雑草を抜き始めると、気がつけばとんでもない時間になっていたり・・・。

皆様はいかがですか?

長くなってしまったので、この対策については次の記事に・・・。

人気ブログランキングへ


posted by みずき at 10:34| Comment(2) | 大人のADDあるある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

アラフィフADDのあるある話 はじめに

のび太もyouも、とりあえず一息ついている春休み。

4月からはまた何があるかわかりませんが、この間に以前から書いてみたかった「大人のADD女性のあるある話(あくまで私の体験ですが)を書いてみようと思っています。

50歳の今、やっとある程度落ち着いた日々になっていますので、これまでの失敗談に加えて、長年の経験の中で生み出した解決策も思いつく限り書いてみたいと思います。

今、ADDの様々な症状に悩み、今後のことに不安を持たれている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

これといった解決策がなく、未だに失敗を続けていることも数多くありますが、何とか自分なりには幸せに暮らせています。

ああ、こんな人でも何とかやれてるんだ~と思っていただけると嬉しいです。

なお、私自身は病院での診断は受けていません。

長男のみ、大学における検査で発達障害の可能性が高いと判断されています。

人気ブログランキングへ


posted by みずき at 22:50| Comment(2) | ADDこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

入学準備

とにかく、買い物がキライなのび太。

特に店員さんとの会話が必要なものは、できるだけ避けたい。

あとは、試着とか(着替えが面倒)、好みを聞かれたりするのも。

でも、これって実は私もなんです。

洋服を買うのも、苦痛。だからほとんど通販で済ませます。

あまりにも同じ服で行くのもなんだから、という理由だけで5種くらいの服をワンシーズンで組み合わせを変えて着ています。

ブルーや薄いパープル、あとはモノトーンばかりだから、本当は周囲の人も呆れているだろうな。

「制服があればいいのに」と心から思う、私です。

のび太が私服の大学生活をスタートさせるにあたって、日々の洋服をある程度そろえなければいけません。

のび太はyouと正反対で、「自意識」がほとんどないので、「誰も見てないし、気にしてないと思うよ」と、最近までボロボロの中学生のころから使っているエナメルバッグを持って大学に行っていました。

いくらなんでも、それはあんまりだ〜がく〜(落胆した顔)



せめて、カバンだけでも早めに買おう、とイオンなどに誘いますが、人込み嫌いなもので、なかなか首を縦に振りません。

しびれをきらして、買い物好きな夫(休みごとに誘ってきます)と私でイオンに行ったとき、鞄屋さんで見つけたリュックを携帯画像で送り、本人の意思を確認したうえで購入。帰ったら嬉しそうにはしていました。

はあ〜疲れるふらふら

スーツも2週間前くらいから「この日」と決めないとだめで、先日やっとひと揃え購入しました。

別に不機嫌とか文句言う、とかではないのです。

動けない

というのに近い感じ。

こういう面は、社会に出るまでに克服しなきゃいけないでしょうね。

youはサプリなども上手に利用して、やる気を出したり、精神面を落ち着かせたりしていますが、のび太はそれ以上に味が気になるし、飲み込みも苦手なものですから、乳酸菌サプリを飲むのがやっとです。

でも、行ったお店では店員さんの問いかけににこやかに答えていました。

試着も機嫌よくしていましたよ。

身長180pで体重は50kg台なので、流行のスリムなスーツがよく似合っていました。

制服もブレザータイプで、そんなに変わらないかと思っていましたが、やっぱり違います。

私の両親に見せたら喜ぶでしょう。(夫の両親は30年ほど前に亡くなっています)

「お祝いのお礼に、見せに行こうね」というと「うん」と素直に頷いていました。優しいのです。

母の繰言にも笑顔で付き合い、無口な父の傍には黙って穏やかに座ってくれています。

飼い犬の世話も誰よりもしっかりしてくれています。

できないことは数々あれど、こういういいところを認めてもらえる環境にいられるために、他の人にはないスキルを大学で身に着けられたらいいなあ。

何はともあれ、あと10日ほどで大学生。

楽しい日々を送ってほしいです。ただ、それだけです。

人気ブログランキングへ






posted by みずき at 11:38| Comment(0) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする