2015年01月30日

足りないところはありますが

のび太の高校生活も終わりに近づいてきました。
作業時に使う服や長靴、実験用の白衣など、「もう使わないと思うから」と持ち帰ってきました。

母子二人でほぼ全回通った高校の入試説明会。「ここに入れてもらえるならPTA会長でも何でもやるって言おうかな」と思ったくらい気に入って、でも「成績的に無理かな?」と落ち込んだり、あきらめかけたり・・・。

最後の最後、公立高校の教師である友人の言葉に、ダメもとで推薦入試をお願いしたら、何とか合格できたときの喜び。

のび太の嬉しそうな顔。

中学の卒業式の親への手紙にも「○○高校に行かせてくれてありがとう」と書いてあったっけ。

思い出しても涙が出てきます。

結局、高校時代の友人とは私は一度も会えず。(つまり家に遊びに来た友人はゼロ)
休みの日も遊びに行くことはなかったし、帰りも時間からすると、毎日寄り道もせずまっすぐ帰ってきてたけど。

学校ではそれなりに話せる友もいたみたい。

今も中学時代の友人(向こうから声かけてくれるばっかりですが)と帰りの電車で出会い、面白いPCソフトのことなど教えてもらったりしているみたいです。

先日、両親の病院に出かける直前に、のび太の部屋の洗濯物用のハンガーを取りに行ったとき、ちょうどその日が締め切りの大学の課題レポートが目に入りました。

推薦入試関係で合格した生徒用の、事前指導の一環のようです。

メールで送るようになっています。

大学からは課題のために必要なので、スマホかパソコンが今後必要だと言われ、先日重い腰を上げ、何とかタブレットをのび太用と夫&私用に契約しました。(契約にものび太は来ず、夫婦で選びました)

それにしても、メールの送り方についても尋ねられていないし、自分で出せるはずない!
これまでガラケーしか使ったことのないのび太。学校ではパソコンの授業があったみたいだけど、新しいタブレットでメール出す、なんてのび太には無理!(youはこういうのは得意で、スマホもどんどん新しい機能を取り入れて使っています)

焦りましたが、のび太は学校にいるし、帰宅したら真っ先に訊こうと思っていたのに、シングルタスクの哀しさ、母の診察、ホームでの担当者とのお話、母への説明、父の病院、妹への報告・・・で高速に乗って帰ってきたら、もう8時過ぎ。ヘロヘロに疲れて、帰ったとたんエネルギーゼロに。

気が付いたら真夜中です。

出していなかったとしたら、もう期限は過ぎてしまった!

今更のび太を起こしても仕方がないし、最後の定期考査中だし、明日の朝何でもないようにさらっと訊いてみよう、と私も眠りにつきました。

結局あくる朝、「大学の授業時に説明されたページにアクセスし、一日でやりあげて、数日前に送ったよ」と涼しい顔で言われました。

私もいかにも何とも思っていないように「大学から渡されてた課題って昨日までやったけど、もう出してた?」と軽い感じで訊いてよかったです。

夫に話したら、「もうのび太はある程度のことはやれるから、信じてやってもいいんちゃう?」と言われました。

反省、反省です。

大学生になったら、もうどんな課題があるのかもわからない。

第一、高校でもうその部分はクリアできるようになったんじゃないか。

私自身が早く子離れしなきゃ。

自分が情けなかったのと同時に、のび太の成長に喜びと一抹の寂しさを感じました。

でも、最後の定期考査の最終日。
2時間目から始まるというので、ゆっくり2階からおりてきました。

何時に高校の最寄り駅に着けばいいのか訊くと、試験の開始時刻もわかっていないようです。

2時間目だから、普段の1時間後に出ればいい、というなんともアバウトな話。

本数も少ない路線で、乗り換えもあり、連絡が悪ければ20分ほども待たされるんだから、ホームページでダイヤを調べなきゃ!

始まる時間だって、テストは50分、って決まってるの?2時間目だから1時間遅らせるって、単純計算すぎると思うよ・・・。

以前はヒステリックに怒鳴ってたけど、今は冷静に淡々と言うようにしています。

パソコンでダイヤを調べ、駅まで車で送って行ったけど、間に合ったかな・・・。

ここまで遅刻ゼロで頑張ったっていうのに、そういうところには全くコダワリなし。

出来るようになったところ、まだまだ危ういところ、

それでもやっぱり成長は感じられます。

少しずつ、手を放していかなきゃね。

人気ブログランキングへ





posted by みずき at 13:08| Comment(8) | 「苦手」はいっぱいあるけれど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

久々の更新です

大変ご無沙汰しておりました。
のび太の進路決定の記事以降、コメントのお返事もできないままに年を越してしまいました。

いつも長文の記事になってしまうことを反省し、できるだけ一回一回の記事を短く、更新を今よりもマメにできるよう、頑張りたいと思います。

コメントのお返事がいつも遅いのですが、しっかり読ませていただいています。
これから少しずつお返事書かせていただきます。本当に申し訳ありません。

のび太はここへきて、マイペースですがよく頑張っています。
決まった大学も非常に面倒見がよく、早く入学が決まった学生向けの授業を5回ほど、朝から夕方までやって下さいます。
一般入試で入った学生との差が大きいのでしょうねたらーっ(汗)

でも、内容や先生の教授法が丁寧でわかりやすく、年末の一回目の授業が終わって帰宅したのび太はいい表情をしていました。

高校では、学年末考査は一応あるらしいのですが、他の子たちは受験でそれどころではないですね。
「ほっとして、1学期ほどは頑張れないだろう」と予告していた2学期の成績は1学期と同じく評定平均で4.5ありました。

「進路が早く決まったからといって、成績は下げるな」と進路の先生に言われたことを忠実に守るのび太です。

大学に関しては、興味のある分野の専門的な大学であること、少人数で田舎にあること、学生の雰囲気が穏やかそうで、のび太に似た感じであることなどから、今はあまり不安感はありません。

不安があるのは主にその先(就職活動、就職等)です。

実際に大学に入ってみたら・・・わかりませんが、高校に入ってから一度たりとも「勉強しなさい」と言わないですんだことに、今さらながら驚きます。中学生の途中までとは真逆です。

長期休暇の宿題はほぼ最初の数日で済ませられるようになりました。

このように書くと、何か問題点が消えてしまったような感じですが、もちろんADDの傾向はしっかりあります。

冬休み中は高校のゼミ発表の準備(結局5〜6日行きました)以外は、ずう〜っと家にこもりっぱなし。

何度「大学に来ていく服やカバンを買いに行こう」と誘っても「今のでいい」と・・・とにかく出不精。

大学で使うといわれているスマホかタブレットも「まだいい」と、いまだに中学生のころから使っているガラケーですもうやだ〜(悲しい顔)

当地では珍しい大雪になった3が日。「自分が入れるかまくらを作る」と4時間くらい一度も家に入らず庭で作業。近所の人もあきれていたでしょうねふらふら

結局、長身ののび太が中に入れるほどのものは出来ず・・・でしたが、「過集中」恐るべし!

youの不安感もかなり改善されました。

これについては長くなるのでまた後日。

人気ブログランキングへ







posted by みずき at 12:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする