2018年04月22日

のび太の一人暮らし〜「シリウス」に涙〜

今日は、のび太が一人暮らしをするアパートの契約に夫とのび太と3人で行ってきました。

4回生になれば、私が以前勤めていた大学の場合「単位をほとんど3回生までにとってしまうため、授業がほとんどなくなり、下宿を引き払う」という学生が多かったのですが、理系の大学の場合は少し事情が異なるようです。

のび太のゼミは生き物を対象にしていることもあり、餌やりや観察など、毎日決まった期間に行う必要があり、一回目の餌やりの時間はかなり早く、研究のために帰宅も終電などになります。

もともと「小旅行」と言ってもいいような距離を毎日通学していたのですが、3回生の後半、ゼミが始まった頃から、友人の家に泊めてもらうことが多くなってきました。

私も「下宿した方がいいんじゃない?」と何度か言いましたが、3回生末まで何とかやっていましたし、就活も自宅の近くの説明会が多かったため、このままいくのかと思っていました。

しかし、4月の本格的な研究のスタート前のお花見宴会で、自分以外が全員下宿生だとわかり、今も友人に頼んで餌やりをしてもらっている日があり、これ以上迷惑もかけられないと思ったようです。

私が今している仕事が大家業ですので(築古ボロ物件をリフォームして貸す)物件探しは慣れています。

今日は業者さんのところに相談に行きましたが、結果的にあらかじめ見つけてあった物件がベストだろうとのことで、即契約になりました。

遠方なので、その足で、電化製品を購入。引っ越し日に配達をお願いして、周囲の環境を3人で確認してきました。

一番気になるのは食生活です。

のび太のようなタイプは、解毒が苦手な(膵臓・肝臓などが弱い)ため、添加物が多いとすぐに脳内伝達物質がアンバランスになってしまいます。

日々の生活スタイルから考えても(早朝から夜9時ごろまで研究)自炊はほぼ無理でしょう。

近所に添加物の少ない食事がとれる、もしくは購入できる場所があるか。

なんとか、大丈夫なようで、ほっとしました。

ほっとした帰り道、ラジオから流れてきたオカダユータさんの「シリウス」という曲を聴いていたら、いつの間にか涙が流れていました。
https://www.youtube.com/watch?v=I80XihDvgqI

のび太の子育て。

正直、悩むことの方が多かった。

周囲の楽しそうな「普通の」子育てをしている人を見て

「罰ゲームか」

と思ったことも数え切れないほどありました。

でも、検査をして、のび太がどれだけ頑張ってきたかわかりました。

のび太のおかげで、自分の生きづらさの原因もわかりました。

その頃から、のび太とは本当にいい関係が結べるようになりました。

のび太の凸凹に合わせて子育てをし、その凸凹を大切にしながら、生活にしんどさを及ぼさないように

生活を、食事などを徹底的に見直しました。

その頃から、のび太との関係は目に見えて良くなってきました。



のび太の独り立ちは、正直あと数年後くらいかと思っていました。

それどころか、独り立ちできなかったらという不安の方が大きかった。

それがこんなに早くやってくるなんて。

嬉しいけれど、やはり寂しい。まだまだ親としてやり足りない気がする。

でも今は、前向きなのび太の独り立ちに、笑顔で拍手します。

5月12日がのび太の旅立ちの日になります。

人気ブログランキングへ
posted by みずき at 17:44| Comment(0) | のび太の大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

うっかり母にもほどがある

先日、とんでもないことが判明しました!

夫(公務員)が転勤の辞令交付のため、市から支給された制服を探していたのですが、見当たらない、というのです。

数年に一度しか着ないものだから、クリーニングに出して引き取り忘れたのか、と思いましたが、さすがに電話の一つもかからず処分されるなんてことはないだろう、ということになり、夫もクローゼットをすべて見ましたが見つからない。

私や子どもたちの部屋のクローゼットも探しましたがありません。

3ピーススーツなのですが、2日目にベストとズボンが見つかりましたが、肝心の上着がない!

ちょうどこの探していた2日はのび太が2日続けて面接に行っていました。

のび太が帰宅して、椅子の背に脱いだ上着を見て夫が「これや!」と。

そう!なんと夫の制服の上着を、のび太が着ていたのです!

そして、何を隠そう、その上着とズボンをのび太に手渡したのは私!

いくら紳士物の服に疎いとはいえ、生地の違いにも全く気づきませんでした。

息子たちの大学入学式で作ったスーツは、夫のクローゼットに入れています。

この数年間はいついきなり親の葬儀になるかわからず、私は直前には親の病院や実家に泊まり込むだろうと思ったので、夫や息子たちだけで準備ができるようにとかためておいたのです。

私の頭の中にはその右のほうに入れていたのは息子たちのスーツであり、のび太の上着には名前の刺繍をしたのですが、youは変に遠慮して「刺繍はいらない」と固辞したのでつけなかった。だから刺繍がついているのはのび太のだ、と短絡的に思ってしまったのでした。

夫の制服には当然刺繍がついているのですが、そこに全く考えが至らなかった。このあたりの思い込みや視野の狭さ、我ながら呆れます。

実はこの前に、このことに気づくチャンスがありました。

のび太が「みんなに、スーツっぽくない。高校の制服みたいっていわれる」と言っていたのです。

「いや〜、紳士服の店で入学式前に買ったとき、就職活動にも使える服って言って買ったんだから」

と、取り合わなかったのですが、たしかに上下がそろっていないわけですから、のび太の友人たちの眼が正しかったのです。

靴をちゃんと磨いていけだの、面接のマナーだの、偉そうに言っていて、一番足を引っ張ってるのがこの「うっかり母さん」なんですよね。

情けないです・・・。

気付いた時にはもう面接の大半は終わってしまっていて・・・。

まあ、希望のところは進んでいるようです・・・。のび太にこのことを謝ったのですが「そうか〜。ちょっと変だと思ってたけど・・・そうやったんや」と笑っていました。

まあ、襟の裏についている「〇〇市職員」というタグに気づかないのも、のび太の不注意ではあるのですが。

そして、今からのび太はなんと、一人暮らしに挑戦することになりました!

それはまた次の記事で!

人気ブログランキングへ
posted by みずき at 11:51| Comment(0) | 大人のADD傾向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

向いている仕事、向いていない仕事 私の場合

気が付くと、のび太も大学4回生になっています。

就活も面接が進んでいるそう。本人が周囲の人に話を聞いていいと思っているんだから、何も言わず応援することにしました。内容を詳しく聞くと、在庫管理などの仕事だとか。

日頃から私自身の就職の話はよくしていました。向いている仕事、どういう要素が入ると辛くなるか。

私の場合は、自分一人が努力すれば成果が出ることには力を惜しまず最大の力が出せるのですが、他者の要素が大きく入る部分についてはすぐに精神的にやられてしまいました。

例えると、私の場合は教師でしたから、授業の内容ややり方を工夫したり、教材を作りこんだりして「よくわかる授業」をする、「成果が出る講習をする」ということは得意だったのですが、生活指導や保護者対応など、相手によるところが大きい部分についてはからきしだめでした。

ストレス耐性が弱いのだと思います。

生活指導は20年くらいして同窓会に行くと「先生に叱られたあのことが、今はわかります」なんていわれますが、その当時は保護者も含めて大変ストレスフルなやり取りがあったりします。

要するに、そういう長いスパンで考えるべき仕事なのですが、そういう風に構えられず、その都度パニックになり、寝ても覚めてもそのことで悩むという私のようなタイプには厳しいです。

授業の結果は割とすぐに出ます。まずは授業中から生徒や学生たちの表情でもわかります。授業終了後にアンケートをとり、次回の授業に反省点を生かすこともできます。

大学のとるアンケートにも評価は出ます。何より、授業を進めていく中で生徒や学生の能力の伸びを実感できます。

このように「自分のやっている仕事の結果が短期間でわかる」ことも、ドーパミンが少なめのADDには必要不可欠です。

苦手分野で常に批判される仕事を続けるのは不可能です。もともと自己肯定感が低いのですから。

甘えではなく、ドーパミンが枯渇すると、脳の動きだけでなく、体の動きも悪くなります。

ますます悪循環が起こります。表情や動きがぎこちなくなり、胃腸を壊したり、目が見えにくくなったり、体中のあちこちが凝ってきたりします。

子どもたちの不登校もこういう側面があると思います。

今はこういうことが分かっていますから、大学で非常勤講師の仕事のみしています。これは良い授業をすることに集中できる、まさに自分向きの仕事だと思います。ストレスはほぼありません。

自分の向き、不向きを知って、得意分野を生かせる仕事が100%とはいかなくとも、割合の大きな職に就くのが長続きするコツかと思っています。

発達障害の就活についてもいろいろと本が出ています。
発達障害の人の就活ノート -
発達障害の人の就活ノート - 発達障害のある人の就活成功バイブル (経営者新書) -
発達障害のある人の就活成功バイブル (経営者新書) - 発達障害の人の内定ハンドブック―『発達障害の人の就活ノートII』完全版 -
発達障害の人の内定ハンドブック―『発達障害の人の就活ノートII』完全版 -

いちばん上の本は、数年前に購入していました。今読み返すとなるほどと思うことが多いです。
具体的な例も、体験談も多く、参考になりますよ。

人気ブログランキングへ
posted by みずき at 06:54| Comment(0) | 大人のADD傾向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

のび太の凹の部分

いきなり本格的になった、のび太の就活。

とはいえ、一日に何社も回るというレベルではなく、一日一社。

2日ほど続くことはあっても、それ以上は連続せず、1週間にだいたい4〜5社くらい。

今、のび太なりの判断で選んでいる企業があり、そこは私が全く知らない社名であるのはいいとして、おそらく営業系の仕事。

今はずいぶんいいこと言われているみたいだけど、どうなのかな〜。

残業はほとんどないとか、ありえないよね。

でも、のび太はこういう子にありがちなんだけど、自分で決めることが第一。

私がそうだった。

自分で選んで、失敗してみないと納得できない。

大切なことは志望校でも就職先でも、仕事を辞める時でも、人に相談はしない。そして、他の人から受けたアドバイスもとりいれることはまずない。もちろん、表面的には穏やかにお話し伺います。アドバイスいただけることに対して心から感謝しています。でも、決意に影響することはない。

徹底的に調べ、熟慮して出した結論だから。

その代わり、すべて自分で結果を引き受ける覚悟で行動します。

のび太もそういうタイプだろうとは察しが付く。これまでの高校選びも、大学選びもそうだった。

ただ、その判断基準がちょっと独特。

視野が狭いというか・・・思い込みがはげしいというか・・・💦

そして、今日もその会社のある支店見学に行くという。

かなり距離があって、電車を乗り換える必要があるのだけれど、

「乗り換えは面倒」「電車は事故などで遅れることがある」という理由で、「家から支店まで歩いていく」と。

いやいやいや、近所の私鉄は人身事故でもない限り止まらないし、逆にそうなったら、それを理由に遅れても問題ないでしょう。

少なくとも乗り換えが面倒でも、家の最寄駅から乗り換えなしで少しでも近くの駅までは電車に乗ろうよ(;^_^A

これからそんな営業のような仕事をするなら、知らない場所に出ていくことは日常茶飯事で、当然ながら乗り換えなんて当たり前にある。

土地勘養うためにも、乗り換えにも慣れとかないと。

いくら言っても、聞く耳持たず。

キレたり声を荒らげたりはしないけど、聞かないんだよねえ(ノД`)・゜・。

この暑い日に、スーツ姿で、革靴で、2時間近く歩くから、ものすっごく早めに出る準備してる。

こういうアンバランスなところ、かたくななところがのび太の凹の部分。

これから少しずつでも改善していけるだろうか・・・かな〜り不安です((+_+))

※その後、また少し話していたら・・・

先日実はその支店にちょっと寄ってみてみたんだと。で、そこから歩いて帰ってきたと。だから今日も行ける自信がある・・・のだそうです。

やっぱり相変わらず私が心配しすぎ?ごめんよ、のび太。

人気ブログランキングへ
posted by みずき at 12:44| Comment(0) | のび太の就活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

今日の忘れ物

ポチしたビジネスバッグも無事届き、今日はまた説明会。

私は今日(内部生だから頼まれただけですが)youの大学の来賓で卒業式に出るため朝9時には出なけりゃいけなかったんですよね。

のび太は11時過ぎに家を出るとのことだったので、一応出がけに「寝過ごさないようにね〜」とだけ言って先に出かけました。

私も相変わらずのうっかりで、来賓の受付を通らず、いきなり式場に行ったら来賓席に案内され、皆さん別室に集まっておられたのに「皆さんゆっくりしてるなあ〜」とのんきに思っていたのでした。

学校関係で働いてて、来賓控室があることも知ってたのに・・・💦

のび太のこと言えませんね。

youは1回生だから知っている人がいるわけでもなく、早々に帰宅。(車で10分ほど)

玄関先には革靴はなかったし、ビジネスバッグもなくなっていた。

でも・・・

洗面所で手を洗っていたら、やっぱりありましたよ。

メガネ。

メガネがないとたぶん説明会の内容も見えなかったでしょう。

失敗して学ぶとはいえ、きっとほかでもいろいろやらかしてるんだろうなあ〜。

私もこういうことを繰り返す人生ですもんね。

晩は食べて帰るとのこと。詳しいことは聞いていないけれど、帰ったらどんなだったか聞いてみます。

人気ブログランキングへ




posted by みずき at 21:10| Comment(0) | のび太の就活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする